海外在住でできないこと(けっこうある!)

がっかり

ポイント着々と貯まっていますか?
ポイントがマイルに変身するんだから、本気で頑張ちゃいますよね!ええ、私もそうでした、とにかく、評判のポイントサイトに登録して、楽で、リスクの少ない、高ポイントの案件、探そうって、意気込んでました。

が、しかし、ガーン。。。

海外に住んでいると、出来ない事が思ったよりあるんです。。。

私と同様に海外在住の、それも専業主婦様あてに、今回の記事は書かせていただきます。
日本在住の方は、んもうっ、がっつり、がっぽり、かたっぱしからポイント貯めて下さい!
ご注意: クレカの新規登録は、一度に大量申請すると、ちょっと怪しまれるらしいので、ほどほどが良いようです。月に3枚ぐらいが良いみたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海外からは出来ないこと

ポイントサイトの登録ができない

いきなりストップくらいました…。
というか、おそらく、基本的に、どのポイントサイトも日本在住者向けのサービスなのかなと思います。ですよね、、、でも登録しちゃいます。日本人だし!

ちなみに、私の身の上の状況ですが、日本に住民票はまだあります、税金も払っています、なぜならまだこちら(英国)の永住権はとっていないので、いつ帰るかわからないからです。日本の住所が必要な場合は、親の住む実家を使っています。

登録がスムーズに行かなかったのは、ポイントタウンです。さすが大手GMOのサイトだけありセキュリティがしっかりしてると言うのでしょうか。登録時、登録した電話番号から電話発信が必要でした。本人確認のためですね。
電話発信がすぐにできないのと、わざわざ親にたのむのもなんだかなぁー。で、弟に頼んだら、弟の番号はすでに登録済みですって登録画面ではねられてしまい…うーん。

ポイントタウンは登録を諦めようと思ったのですが、ちょっと欲しいなって思ってたクレジットカードを「どこ得」で調べたら、ポイントタウンがその時ダントツにポイント高くて、やっぱり登録した〜い!と諦められず。。。

結局、日本に一時帰国した際作ったIP電話を使い登録できました。私の使ったのはSmarTALKというIP電話のアプリです。ネット環境にあれば海外からでも使えます。が、海外からの使用は改めて申請が必要とのこと、ひーん面倒。ご連絡下さい、なフリーダイヤルは海外からかけられませんし。で、結局、VPNをつかいました

VPNとは、ヴァーチャルプライベートネットワークの略で、オープンなインターネット内で、安全に自分の身を守る(?)ために、専用線を使っているように見せる、セキュリティ対策のサービスです。海外にいる場合は、日本のVPNに接続するとあたかも日本にいるようなIPアドレスを装えるんです。説明が下手ですみません、でも海外にいるとかなり便利なのが、このVPNサービスでして、例えば、Huluや、Netflixなどの動画サービスの日本版は、日本からの接続のみでないと見れませんが、VPNで日本にいるように見せかけて、動画を観ることが可能となります。

今回、このVPNを使って、IP電話をかけたら、日本にいた時と同様にIP電話が使えました。海外在住でしたら、VPNサービスは1つ契約しておく事をオススメします
VPNについては、またオススメ会社など記事にできればなと思っています。
ちなみに今、私が使っているのは、インターリンクです。


インターリンク
VPNは、通信速度が遅いのが難点なのですが、こちらのセカイVNPは動画サイトの閲覧もアピールしているだけあり、動画も普通にネットサーフィンも問題なくできています。時々、切断されますけどね。

【追記】
すっかり忘れていたのですが、ハピタスも新規登録時に電話確認が必要となります。一番初めに登録したサイトだったので、忘れてしまっていました。オンラインでの必要事項等入力して、その後本人確認のために、登録した携帯電話からショートメッセージを送る必要があるみたい…本当に忘れました。私は、日本の妹にお願いしてこの作業はやってもらったと思います。

しかし、以下のリンク先に、ショートメッセージじゃなくても確認できるって書いてあります。
| ハピタスの登録方法
それ以外の登録方法については特に個人を特定できるものではありません。

携帯電話をお持ちでない方は、固定電話、又はPHS等の携帯電話以外でも登録が可能です。

ショートメールをご利用になれない為、指定の電話番号へダイヤル後、自動音声案内での電話認証となります。

ですので多少の通話料金が発生します。

国際電話番号など、一文の電話番号では登録する事ができません。

この方法なら、先述のポイントタウン同様、VPNを使ったIP電話で対応することが可能です。

ネットショッピングができない

買い物カート

ポイントサイトでポイントを貯める方法として、ネットショッピングは嬉しいサービス。普通にネットショッピングする時にポイントサイトを経由するだけで、その何%がポイントとして貯まります。ショッピング、、、できません。海外発送無料なんてないですし。

あとポイントサイトの得するサービスとして80〜100%還元商品の購入!商品をほぼタダで手に入れられる(ポイントに還元される)というサービスですが、それも買えませんというか買いませんよね、海外にいると。また、ヤフオクもポイントもらえます。ヤフオクも使いませんよね、こっちだったら、eBayでしょうか…。

日本に居る方でしたら、100%還元商品をポイントサイトで購入して、その商品をヤフオクで出品、もちろんポイントサイト経由で。すでに商品価格分のポイントをもらっているので、いくらで売れても残念な気持ちにはなりませんし、無事落札されたらその価格の何%分のポイントがポイントサイトからまたもらえると、なんかお得感満載!手間はかかりますけどね。

で、こういったお得情報☆を、強者陸マイラーさん情報からゲットしたりするんですが、海外在住では、どうにも活用できないのが、悲しいところです。

保険の相談やモニターができない

無料で高ポイントをゲットする手段として、無料保険比較相談があります。保険数社を比較してもらって、一番必要としている保険はこれ!とかあれ!って、近くのカフェとかで相談にのってもらえる、らしいです。で、ポイントもらえます。これが結構、ポイント高かったりします。資料請求だけなら、日本の住所があればいけますが、対面の相談が必須となると、海外在住では、どうにもできません。

同様に、グループ面談や、要来店のショッピングのモニターなどはできません。日本にいませんから。。。アンケートで完結できるものならなんとか参加できるかな。

モバイル案件ができないものが多い

スマホこれは、もう単純に、docomo、softbank、auの日本のキャリアに属していないということで、できない案件が多いんです。有料のアプリやゲームは、各キャリアからの支払いを前提としていることがほとんどなので、これはもうお手上げですね。

また、ページ自体はじかれてしまう場合もあります。例えば、ゲットマネーのモバイルサイトで、無料アプリのダウンロード&起動でポイントゲットという案件があります。詳細確認して、「サイトにいってポイントゲット」のボタンをクリックすると、日本国内からのアクセスのみ許可しております。といったページが出てきて拒否されてしまいます。悲しい。

このように、海外からのアクセスというだけで、はじかれる場合も少なくないため、スマホにもVPNの設定をしておき、ポイントサイトの操作の際は、VPNを立ち上げておくことをオススメします

クレジットカードの新規作成も要注意

クレジットカードポイント集めをはじめて、まず高額ポイントゲットの手段として、新規クレカ作成は、はずせませんよね〜!

しかし、クレジットカードを作るのも、海外にいると難しいんです。

というか、そもそも、クレジットカードは利用規約に日本在住のみと書いてある事も多く、海外在住者は作っちゃダメだったりするんですよね、日本人なのに?いつか戻るかもしれないのに?日本で生まれ育ったのに?日本語話すのに〜?!というわけで、日本の住所があって、クレカを受け取れる環境にある方は、作りましょう、作れます。

で、何が難しいかと言うと、本人確認です。

私は1つクレカ作れませんでした。それは、新規登録をオンラインで完了したあと、実家に本人確認の電話がかかってきました。出ませんでした、出れませんでした、そりゃそうだ。母が、私が母です。と言ったり、折り返しかけさせます。と言ったりしましたが、その1回だけの電話で、ダメでした。。。

あと、オンライン登録画面で、本人確認書類の添付等がない場合は、カード発送時に本人受取限定郵便でくる場合があり、その場合、本人でないと受け取れないため、海外在住者はアウトとなってしまいます。(家族でもダメみたいです)

全てではありません、実際、私は海外在住中に新規カード作れています。おそらく、最初の登録画面で、本人確認をしてくれて、細かく入力画面が多いほうが、オンラインで完結され、送付時は書留で送られてくるんだと思われます。オンライン登録が簡単数分で完了!などをうたっているカードは、本人受取限定郵便でくる可能性が高いかもしれません。あくまで想定ですが。

追記ですが、ローンカードやグレードの高いカード(ゴールド、プラチナの類やダイナースなど)は、自分自身で毎月一定の収入がない方は作れないので、専業主婦は作れません

じゃ、何ができるの〜?!という話になりますが、海外在住者のポイントのため方は、これから経験談を交えながら、有益な情報を、このブログにてシェアできればと思っています。

 

コメント

スポンサーリンク